2006年 04月 01日
5/18(TUE) モードリン・コレッジと植物園*Magdalen College & Botanic Garden
b0012113_235884.jpgモードリン・コレッジへは、南北を走るLongwall StreetからHigh Streetを東へ東へ。
C.S.ルイスの「ナルニア国物語(The Chronicles of Narnia )」に出てくる石像は、この回廊の風変わりなガーゴイル(ゴシック建築で怪獣の頭などをかたどった屋根の雨水の落とし口)やその他の彫像からヒントを得たという。(from 『Lonely Planet 英国』)
白い魔女に石像にされてしまった勇敢なる戦士たちを見ようではありませんか!
Addison's Walkへは、ルイス教授の部屋があったNew Buildingの見える中庭から青い門を抜けて。

* Wikipedia - Magdalen College, Oxford
b0012113_2330445.jpgそして、モードリン・コレッジのお向かいにあるのが植物園 Botanic Garden。
ここへの入園料を払ったしるしは、この門がデザインされたシールです。
そのシールを見えるように貼っていれば、その日一日出たり入ったりが自由。

そして、教授お気に入りの黒松への行き方は、
「入り口から真っ直ぐ、蓮池のところで一本左へ、その道の突き当たり」です。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2006-04-01 23:10 | Oxford
2006年 04月 01日
5/18(TUE) パント小屋と植物園*Botanic Garden
モードリン・コレッジの南側、High Streetを道なりに北西へ進むと、モードリン橋 Magdalen Bridge。
そのたもとには、パント小屋があります。
b0012113_21573325.jpg
オックスフォードの学生さん達はカップル同士、友人同士でうまく漕いでたのしんでいました。
わたしは試しませんでしたので、簡単かどうかは、どなたかレッツトライ!(笑)

b0012113_22501940.jpgさて、モードリン・コレッジとHigh Streetを挟んで南側に位置するのが植物園 Botanic Gardenです。
写真がその入り口。
立派な門ですが、モードリン・コレッジがもっと立派なのでどうも見劣りします。

ここには、教授お気に入りの黒松の木 Pinus Nigraがあります。
何か喋りたそうな口・・・いえウロです(笑)。
b0012113_2253343.jpg
え? クローズ・アップじゃ、どの木なのか分からないって??
いえ、きっと分かるはずです。
なにしろ大きな、ゆったりと枝を広げた木ですから。
入り口から真っ直ぐ、蓮池のところで一本左へ、その道の突き当たり。
涼しい木陰をもとめて、そこで読書をしたり昼寝をしたりといった憩いの場であることに変わりはありません。

この植物園はそれだけじゃ、つまりません。
いろいろきれいなお花もありますし、温室だってあるんです。
b0012113_22581366.jpg
松の木からグルッと園内を一周して入り口付近まで戻ってくると、温室が見え、そのむこうにモードリン・コレッジがにょきっと顔を出しています。
そして先ほどのパント小屋のそばの川が園内にも流れているのです。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2006-04-01 23:00 | Oxford
2005年 07月 26日
5/18(TUE)モードリン・コレッジ*Magdalen College
Longwall Streetをさらに南下し、High Streetに行き当たります。そこを左、つまり東へ。
見えてくるのは、こんな壮麗な建物です。

『ナルニア国ものがたり』の著者でありインクリングスのメンバーでもあったC. S. Lewisが英文学の教授をしていたモードリン・コレッジです。
* Wikipedia:C.S.ルイス

このブログでも何度か触れてきている映画『永遠の愛に生きて』で、ルイス教授役のアンソニー・ホプキンスがこの鐘塔(43m!)の上で叫ぶシーンがあります。
この塔は15世紀後半に建てられたもので、毎年5月1日のメーデーの6:00になると、塔の上から学生の聖歌隊が賛美歌を合唱するのだそうです。その後は無礼講が「公認」されているという伝統行事。
b0012113_21565312.jpg
ロンプラ『英国』に「間違ってもスペルどおりには読まないように。正しい読み方は“モードリン”」と書かれているので、心しておりました(笑)。
さて、このロンプラを出してきたのは、こんなことが書かれていたからです。
C.S.ルイスの「ナルニア国物語(The Chronicles of Narnia )」に出てくる石像は、この回廊の風変わりなガーゴイル(ゴシック建築で怪獣の頭などをかたどった屋根の雨水の落とし口)やその他の彫像からヒントを得たという。
ね? 絶対に回廊を観に行かなくっちゃ、って思いませんか?

● で、見ましたよ!・・・>
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-07-26 22:45 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) クルマがブンブン*Longwall Street
St Cross Roadを南下し、Hollywell Streetとの角を通り過ぎると、Longwall Streetという通りに出ます。
ここは、Magdalen Grooveというモードリン・コレッジの緑地を囲む長ーい壁があるからだそうです。
そこにWilliam R. Morris商会という車を販売していたお店の跡に展示があります。
b0012113_19543359.jpg
そこで思い出すのが、『ブリスさん』です。
ブリスさん
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 田中 明子 / 評論社
黄色い車をめちゃくちゃに走らせるブリスさんのはっちゃかめっちゃかに楽しいお話。
「ナンセンス」の英文学につうじる、教授の楽しい側面が見えてきます。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-07-26 20:00 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) マナー通り3番地*3 Manor Road
b0012113_22351491.jpg英語学部・図書館からすぐ、Monor Road3番地を目指します。
写真の家の白いドアには2、そして赤いドアには3とあります。
Address: 3 Manor Road (→Multimap)

1949年秋、『指輪物語』を脱稿したときの家が赤いドアのここです。
1945年にマートン・コレッジの英語英文学の教授に選ばれ、ノースムーア通り20番地から1947年に3月マートンの提供するこの家に移ってきました。残念ながら、大きくて維持費がかかりすぎたノースムーア通りの家からすると、こちらの新居は「耐えがたいほど窮屈」で、「醜い赤れんがの建物で、非常に手狭」「彼には適当な書斎がなく、“居間兼寝室”が屋根裏にあるだけ」だったそうです。
その後1950年、同じくマートン・コレッジの所有するホリウェル通りの家へと移っていきました。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-07-26 19:56 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) 教授の胸像とインクリングス・メンバーのお墓参り。
b0012113_19234717.jpgSt. Cross Churchには、インクリングスのメンバー二人のお墓、そして『たのしい川べ』のケネス・グレーアムのお墓などがあります。
* St Cross Church
St Cross ChurchのHP。 地図や教会の歴史・内部の写真などがあります。また、News and Noticesに墓地の開いている時間が記されていますので、ご参考に。

もう一つ、教会のすぐ近くにある英語学部・図書館の中に、トールキン教授のブロンズの胸像があります(写真で左端に見えているのがその建物です)。
* English Faculty Library, University of Oxford
Address: English Faculty Library, University of Oxford
St Cross Building, Manor Road, Oxford, OX1 3UQ (→Mapion)

開館時間やお知らせなどがあります。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-07-26 19:33 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) セント・クロス・ビル 英語学部・図書館*ST CROSS BUILDING English Library & Faculty
b0012113_17182834.jpgSt. Cross ChurchからMonor Roadを進みます。
これがセント・クロス・ビル、英語学部図書館の入っている近代的な建物です。
ここにトールキン教授のブロンズの胸像がある、と書いてあったので行ってみたのですが、残念なことに開館時間は終了していました。
こちらで開館時間を確認してください。↓
* English Faculty Library Homepage
また、LotR関連の音楽情報ならここ!の「しだ家の馬小屋」のぐらさんの指輪旅行記、2004年5月24日オックスフォードその3に、この辺りの旅行記と、胸像の写真があります!!
ぐらさん、ありがとうございました~♪

[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-07-26 18:49 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) セント・クロス教会*St. Cross Church
Holywell通りを東へ直進し、北へ折れます。
St. Cross Streetに沿って歩き、次に右へ折れたところにあるのがManor Roadです。
その角に石造りの小さな教会がみえてきます。
てっぺんの青い日時計が目印のSt. Cross Churchです。
* St. Cross Church, Oxford
↑この教会のHPです。 地図、教会の歴史や内部の写真などが載っています。
b0012113_17331610.jpg
St. Cross Churchには、マートン・コレッジゆかりの墓地があります。
b0012113_17444478.jpg
インクリングス・ツアーのガイドさんに、ここにはインクリングスのメンバーが眠っているんだよ、他にも有名な人々のお墓があるんだ、と教えてもらいました。

● ここに眠る人々は・・・>
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-07-26 18:30 | Oxford
2005年 05月 24日
5/19(WED) ホリウェル通り99番地*99 Holywell Street
b0012113_222302.jpgボドリアン図書館からParks Roadを渡って、Broad StreetからHolywell Streetに入ります。
Holywell Streetの北側にあるMusic Roomで、もしかしたらコンサートなどを聴いていたかもしれないと、ガイドさんが仰っていました。
それよりもう少し東へ進んだところの南側に、赤い縁取りをした99番地があります。
Address:99 Holywell Street, Oxford (→Multimap)

1950年は、トールキンにとって2つの意味がある年でした。
一つは、前年に『指輪物語』が脱稿され、出版される運びになったこと。
もう一つは、マートン・コレッジからホリウェル通り99番地の家を提供され、妻エディスと娘プリシラとともにマナー通りの家からほんのすぐ近くに引っ越したのです。
この家は、部屋数の非常に多い個性的な家、なのだそうです。

1950年、トールキンは『指輪物語』をコリンズ社の出版局へ提供しますが、その後2年間、原稿は棚上げ状態になったまま。
結局、コリンズ社から「残念ながら私どもは本の桁はずれに厖大な長さに困惑しているのです。現在の紙の価格では、それは非常に大きな持ち出しを意味するのです」という理由から、原稿が返却されました。まぁ、もったいない。
その後1953年にオックスフォード郊外のヘディントンにある、サンドフィールド通りへ引っ越すまでの3年ほど、ここに住んだということです。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-05-24 22:24 | Oxford
2005年 05月 24日
5/19(WED) ボドリアン図書館*Bodleian Library
b0012113_1451485.jpgボドリアン図書館のショップには、トールキンの描いた絵のポスターやルイスのナルニア・シリーズの表紙のポストカードから、トールキン展のカタログや、オックスフォードC.S.ルイス協会の説明入り地図など、後々役立ちそうなものまでが売られています。
ネット販売されているものもあります(上のリンクからどうぞ)が、店舗でしか売られていないものもたくさんありました。
他にも、本好きさんなら「おっ!」と思うものが売られていますので、ぜひぜひチェックを。

また、図書館内部の見学ツアーは、先着順です(→レポート)。
料金や時間帯については、ボドリアン図書館のHPで確認してください。
* Bodleian Library
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-05-24 15:06 | Oxford
2005年 03月 22日
5/19(WED) ボドリアン図書館見学ツアー*Bodleian Library Tour
b0012113_3443846.jpgインクリングス・ツアーは水曜の朝11:45から始まるので、10:30から行われたボドリアン図書館の見学ツアーに参加しました。
この見学ツアーは『ロンリー・プラネット』によると、10:30, 11:30, 14:00, 15:00に行われていて、デューク・ハンフリー図書館(1448年設立)を巡るもの、と説明されています。
これに書かれている通り、すぐに定員いっぱいになってしまいますので、ご注意を!
10:30から始まったツアーは11:30前には終わり、余裕でブラックウェルズ書店のツアーに間に合いました
(オックスフォードの街中には有料トイレしかないので、書店の本を見て回るふりをしながら御手洗いを使わせてもらったり・・・)

また、ボドリーさんの像を見ながら入ったところに図書館のショップがあります。
このお店で、トールキン生誕百周年記念展のカタログだったらしい"Life and Legend"や、「ナルニア国ものがたり」の表紙絵のポストカードなどを買い込みました。
ここで買って役に立ったのは、ボドリアン図書館の規則が印刷されたトートバッグです。
もともと本をぎっちり入れるためなのか、しっかりしていて、買い物をここに詰めて持ち歩いていました(笑)。


見学の内容をみる・・・>
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-22 01:37 | Oxford
2005年 03月 22日
5/18(TUE) シェルドニアン・シアター*Sheldnian Theatre
b0012113_3201484.jpgシェルドニアン・シアターは1668年、建築家サー・クリストファー・レンによって建てられました。
ここではオックスフォード大学の公式行事がおこなわれたり、コンサートなどのイベントが開かれるようです。
つまりオックスフォード大学の学生はここで入学式や卒業式をむかえ、教師たちは任命されるのです。

また、この建物が使用されている日に入ることはできません。
料金やあいている時間帯についてはこちら(↓)を参考にしてください。
Sheldonian Theatre
左の写真の、ぽこっと突き出たドームをキューポラCupolaと呼びます。
シェルドニアン・シアターは建物に同じくらいの高さの囲まれているので、恐らくセント・メアリー教会ほどではないですが、おもしろい眺望が見られます。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-22 01:02 | Oxford
2005年 03月 22日
5/18(TUE) シェルドニアン・シアターの眺望*View from Sheldonian Theatre
入ったとたん、この天井画とパイプオルガンをぽけーと見上げてしまいました。豪華!
b0012113_1104875.jpg
これがオックスフォード大学の総長の席です。この周りを教授陣が取り囲みます。
もちろんトールキン教授もルイス教授もこのあたりにガウンを着て座っていたのです。
b0012113_2391022.jpg
b0012113_115397.jpgこういうの、気になるんですよね~・・・
電灯がどうして2つも並んでいるのか?
そしてなぜにこのオールの切れっぱしは、こんなところに打ち付けられているのか?
・・・ナゾです。

キューポラ(てっぺんの展望台のようなところ)へ階段で上がっていきます。


キューポラからの眺めは・・・>
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-22 00:46 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE)科学史博物館*the Old Ashmolean Building
Blackwell's BookshopからBroad Streetを南に横断したところにあるのが、旧アッシュモリアン博物館the Old Ashmolean Museumともよばれる、科学史博物館です。
Museum of the History of Science, University of Oxford
Address: Broad Street, Oxford, OX1 3AZ (→Multimap)
この建物で、トールキンがオックスフォードで得た最初の仕事である、OEDの編纂が行われていました。
また、この科学史博物館には、ルイス・キャロルが使用していた写真の撮影道具もいくつか所蔵されているそうです。
外観はこんな感じだそうです。
チェックしていませんでした・・・
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-21 23:11 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) ブラックウェルズ書店と白馬亭*Blackwell's Bookshop & White Horse
b0012113_22285182.jpgブラックウェルズ書店はオックスフォードだけで7店舗あります。
そのうち本店というべきは、Broad Streetの北側にあるコチラ。
Address: 48-51 Broad Street, Oxford OX1 3BQ (→Multimap)
Tel: 01865 792792

白い車が停まっているのが見えますが、そこにインクリングス・ツアーは水曜の午前11:45集合です。
1階のカウンターでツアーに申し込むこともできます。
インクリングスツアーについては、こちらの記事を参考にしてください。

こちらは、階ごとに新刊書が分類さてていて、また、ふつうの古本から稀覯本まで置いてある階もあります。
この書店にはポストカードや、不思議の国のアリス・グッズなども置いてあり、ポストカードのなかには、トールキンの写真のものもあるようです。

このブラックウェルズに挟まれた白馬亭White Horseは、インクリングスの集合場所のひとつでした。
雰囲気にのまれ入りづらかったので、ここでは食べていません。
Address 52 Broad Street
Tel 721860
Open 11-11, Sun 12-10.30
Food 11.30-2, 6-8
Pint £2 Shot £1.60 Coke 90p
Disabled access No
Bar games No room
Oxford University Student Union: White Horse
これ(↑)によると「かつてほどは良くない」という意見はあるが、「良いパブ・ガイド」には入っている、とのこと。
うーん、ビミョウな書き方ですね。。。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-21 22:47 | Oxford
2005年 03月 21日
3/16(TUE) トリニティ・コレッジ*Trinity College
b0012113_1473517.jpgトリニティ・コレッジはベイリオル・コレッジの東隣にあります。
ここでクリストファー・トールキン(JRR トールキンの三男)が学びました。
ちなみにJRR トールキンの次男マイケルも、そしてクリストファーのご子息で小説家のサイモン・トールキンもここで学んでいます(サイモン・トールキンについてはTheOneRing.net)。

インクリングス・ツアーでは中に入りませんので、自分で回りましょう!
Wikipedia-English: Trinity College
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-21 22:36 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) トリニティ・コレッジのあちこち*Trinity College
ベイリオル・コレッジの東側にあるのがトリニティ・コレッジです。
b0012113_1262121.jpg
壮麗なトリニティのチャペルです。
b0012113_1422796.jpg
この食堂がはじめて見た、イギリスの伝統ある大学の食堂でした。
こんなに肖像画に囲まれて食事をするってどんな気分なのでしょうか?
リンボウ先生の本の知識を頭の中で思い浮かべていました・・・

[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-21 22:25 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) ベイリオル・コレッジ*Balliol College
Broad streetの北東の角に建っているのが、ベイリオル・コレッジ。
b0012113_229491.jpg
ベイリオル・コレッジは、トールキンがアイスランド・サガを読むコールドバイターズという会を開いていた場所です。
また、雅子さまが留学されていたところでもあります。
・・・という話も、インクリングス・ツアーのガイドさんがしてくれました
(他にもスウェーデンの王女様が・・・といった話もしていました)。
* Wikipedia-English:Balliol College, Oxford
これ(↑)によると、卒業生にはアダム・スミス、オルダス・ハックスリーそしてリチャード・ドーキンスがいるそうです。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-21 22:18 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) オックスフォードの中心部*Broad Street
St. Giles Streetは殉教者記念碑Mertyr's Memorialで、二つに分かれています。
Magdalen Streetを南へ行って、Broad Streetに出ます。
Broad Streetは名前どおり広いです。
b0012113_0284833.jpg
上の写真は、Broad Streetの入り口から東を向いて撮ったものです。
この通りに観光案内所TICがあります(見えにくいですが、写真の右側にある白抜きの「i 」がその場所です)。
またオックスフォード大学のグッズをお土産にしようと思っていたら、The Varsity Shopもあります(「i 」よりも手前に見える紺色の看板のお店です)。
また左手に見えているのはベイリオル・コレッジです。
[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-21 22:02 | Oxford
2005年 03月 21日
5/19(WED) ランドルフ・ホテル*Randolph Hotel
b0012113_2130945.jpgランドルフ・ホテルはオックスフォード一の豪華なホテル(5つ☆)。
イギリスの首相も、アメリカの大統領もここに泊まるのだそうです。
ちょうどアッシュモリアン博物館のお向かい、南側です。

で、なぜここでインクリングスに関係するのかというと、映画『永遠の愛に生きて』で撮影が行われたから。
・・・と言って、インクリングス・ツアーのガイドさんが、ホテルのフロントにちょっと帽子を持ち上げ挨拶し、10数人をぞろぞろ引き連れて瀟洒な部屋に入っていきました。

うーん・・・アンソニー・ホプキンスとデブラ・ウィンガーがここで何をしてたっけ・・・??
b0012113_21385728.jpg
〈追記〉
英国ファンタジー紀行
山内 史子 松隈 直樹 / 小学館
ISBN : 409343185X

この本を立ち読みしたところ、この部屋で映画の撮影が行われたと書かれていました。
さらに、ここがC.S.ルイスのお気に入りの部屋でもあったということです。

[PR]

# by Chica_Chubb | 2005-03-21 21:39 | Oxford