2005年 02月 06日
5/17(MON)ロイヤル・シェイクスピア劇場*Royal Shakespeare Theatre(内部)
b0012113_21215299.jpg
中も見てみよう、もしかすると今夜に上演されるものの席が取れるかもしれない・・・
くらいの気持ちで入っていき、カウンターのところへ行くと、「キミはこれからシアター・ツアーに参加しようとしてるの?」と訊かれました。
じつは全くそんなことを考えてもいなかったのですが、「えぇ、まだ参加できますか?」
「キミ、一人?」 一人だけなら、とツアー参加者に加えていただきました。
b0012113_19485498.jpg
劇場のシアター・ツアーと、シェイクスピアゆかりの地をめぐるウォーキング・ツアーのチラシです。

その夜の出し物は「マクベス」。「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「リア王」にならぶシェイクスピアの四大悲劇のうちの一つです。
マクベス
シェイクスピア 木下 順二 / 岩波書店
ISBN : 4000072374

シェイクスピア・ジュニア文学館〈9〉物語マクベス
小田島 雄志 里中 満智子 / 汐文社
ISBN : 4811374061




b0012113_21594980.jpgツアー内容はもう記憶のむこうにしかありませんが、写真を見ながら思い出そうとおもいます。
まずカウンターで質問した男性が、ツアーのガイドさんでした。
そして、一人だけなら・・・と言ってくれた理由が判明。
アメリカから来た、演劇にちからを入れている学校の生徒たちがツアーに参加していたのです。
カウンターの横にある扉から楽屋に入っていきました。
役者さんたちが時々よこを通り過ぎていきます。
写真はかなり自由に撮らせてくれました。
こちらは、王冠や鍵などの小道具類。
b0012113_21502630.jpg左にあるのは、マクベスの衣装です。

衣装のストックは非常なもので、『恋に落ちたシェイクスピア』や他の映画で、このロイヤル・シェイクスピア劇場の衣装倉庫から貸し出されることが多いのだそうです。

楽屋には化粧室もありましたが、黒いカーテンで仕切ったせまいもので、そこに所狭しとその俳優さん用の服が吊り下げられたり、小道具があったりしました。

b0012113_2210948.jpgそして大道具。
こちらは前後することでドアにもなれば、壁にもなる万能のセット。
そして幽霊のシーンにはドライアイスの煙をたいて、ドアの前に人が立って影を落としたり、プロジェクターで映像を映し出したりと大活躍します。
前に立っている男性が、ガイドさんです。
次の記事に続きます。
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-02-06 22:18 | Stratford-upon-Avon


<< 5/17(MON)スワン劇場*...      5/17(MON)ロイヤル・シ... >>