2004年 10月 09日
5月の悩める楽しい一週間*May bewildering wandering week
四月からの研修が終了し、その後5/23にロンドンで行われる、
ハワード・ショア指揮のLotRコンサートまでの一週間をいかに過ごすのか。
これが5月のサブ・テーマでした(メイン・テーマはもちろん、研修ですよっ!←必死なのは何故?(笑))。

色々とコレは外せない!というイベントがありましたので、
まずそこから決めることにしました。

その1.チケットを購入したLotRコンサート(5/23(SUN))に間に合う
・・・トーゼンです。
その2.バーミンガムのTolkien Weekend(5/15・16(SAT・SUN))に参加する
研修の具合によっては、行けるかどうか、ビミョーなところです。
取りあえず候補です。
その3.オックスフォードでBlackwell's BookshopのInklings Tour(毎水曜→5/19(WED))に参加する
これは夢だったので、実現しようと決意。

そしてそのほかの日をどう埋める、いえ、どうイギリス各地を回ると効率がよいのか?
そこで習得したのが、「イギリスで一人旅 (旅情報の調べ方)」です。



【イギリスで一人旅 (旅情報の調べ方)】

今年の4月から5月にかけてイギリスへ研修で行ってきました。
その間に自分で、あるいは教えていただいて学んだ、
旅情報の調べ方やお役立ち情報を挙げようと思います。
もちろんこれは一人旅用で、パックツアーの自由行動でも・・・使えるかしら?

●現地情報を知る

□ ガイドブック
私がイギリスへ行けることになって、ガイドブックを選んだ基準は
1.研修先の場所について載っている
 (これは大抵載っていました)
2.オックスフォードについて最低限+アルファが載っている
 (『指輪物語』の作者J.R.R.トールキンゆかりの地を巡るため)
3.本の町ヘイ・オン・ワイが載っている
 (絶対行きたかったので)

そういうわけで、携帯用に条件1と3を満たした『わがまま歩きイギリス』の2002年版が
古本屋で売られているのを見てすぐに買い(新刊の方がいいとは思います)、
随分悩んだ末に新刊書店で分厚くて重いのですが、
条件1も2も3も満たした『ロンリープラネット 英国』を買いました。
イギリス
ブルーガイド海外版出版部 / 実業之日本社
ISBN : 4408012351
スコア選択: ※※※※※



英国
デイビッド エルス アラン マーフィー マーティン ヒューズ
アビゲイル ホール フィオン ダベンポート David Else Alan Murphy Martin Hughes Abigail Ho
/ メディアファクトリー
ISBN : 4840108218
スコア選択: ※※※※※

分厚いロンプラは非常に詳しいのですが、書かれた頃から数年経っていることもあり、
部分的に情報が古くなっていることがありました
(ガイドブックは得てして皆こういうものですよね)。
それでもロンプラの現地情報は本当に役に立つなぁと実感したことが何度もありました。
安い安いローカルバスに乗って町から町へ移動できたとき、
並のガイドブックでは載っていない情報で得をしたとき・・・

さらに本館ブログのコメント欄で話題になった本も挙げておきます。
LotRファンの世界でもエキサイトブログの世界でもお世話になっている、
「Sextans 好奇心のコンパス」のcrannさん(=leiraniさん)のお話では、
『新ロンドン便利帳』も、ロンドンについては、とても役に立つとのことです。
ロンドン便利帳―ロンドン在住スタッフが足で集めたより確かな最新ホット情報
山と渓谷社出版部 / 山と渓谷社
ISBN : 4635240436





□ ネット
現地情報について一番役に立ったのは、ネットで各地に必ずある、
TIC(Tourist Information Centre 観光案内所)のHPで最新情報をチェックすることでした。
ガイドブックで仕入れた情報が今のこの季節はどうなっているのか、
そしてさらに他のイベントが行われていないか、
さらにB&Bなどの宿泊情報も調べられました。

B&Bの宿代はガイドブックに載っている料金より(時にはネットに載せている料金より!)、
時期柄高くなっていることもありますし、
一人でダブルに泊まる時など異例の場合は、料金がどこにも書いていないことが多いです。
そこでネットで調べたB&Bの電話番号を控えて、
宿泊できるかどうか、宿代はいくらなのかを直接電話で訊くという方法を取りました。

●交通情報を知る

□ 鉄道
まず鉄道で目的地に早く安く着ける方法をリサーチするには
National Rail
Qjump

経験上、Qjumpのほうが早く安く着ける方法を教えてくれることが多かったです。
この情報を印刷するかメモに書いて駅窓口に持っていくと、
係員さんが大抵分かってくれました。

□ 長距離バス
次に長距離バス。時間はかかりますが安いことが多いです。
私が利用したのは以下の2社。
National Express
Megabus
Megabusは2004年4月より片道1ポンドというサービスを始めた長距離バスです。
但しネット申し込み(要クレジット・カード)ですし、BookingFeeという予約料50pがかかります。
加えて数日前になると1ポンドから3ポンドに上がるので注意が必要です。
National Expressは以前から有名な長距離バス(コーチ)で、
営業区間が多いのが特徴的です。
加えてHPを見ると左下にある(これを書いている時点の話ですが)Funfareをクリックすると分かるように、
今度はコチラでも片道1ポンドというサービスがあるのが分かります(やはり要クレジット・カード)。
Megabusも、National ExpressのFunfareも時間帯が限られているのですが、
上手く利用できれば安く行けます!

□ その他
現地でのローカルバスなどの情報は先ほどの現地情報と同じく、TICのHPで交通情報を調べます。
-----------------------------------------------------------------------
これらの情報がお役に立てれば幸いです。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-09 19:50 | Start


<< 5/16(SUN) バーミンガ...      ヒースローからロンドン郊外へ*... >>