Travel on Tolkien

バーミンガムの補遺*The Appendix Of the Category 'Tolkien @ Birmingham'

Tolkien @ Birmingham
元のサイトで完全版を読む
これからのことはTolkien's Birminghamに準拠したものです。 ・・・本当に足を運んで確かめたわけではありません。 それに、場所がばらばらですが、これもTolkien's Birminghamの順番ですので、ご了承くださいませ。 その1.Sarehole Mill近くのおうち。 264 Wake Green Roadという場所は、Sarehole Mill近くであるに違いない・・・! MultiMapで確認するとやはりそうでした。 → コチラ! どちらかというと、Moseley Bogに近いでしょうか。 * 「二つの塔へ行く道は?*How to Get to the Two Towers」の地図をご参考に。 あの右上のSpringfi(eld)の下にあるGREENという字がある通りがあり、 さらにその下にGRACE-WELL Rという字がありますが、あのRと、 南から上がってきているROADのDの間の三叉路を調べると、 Tolkien's Birminghamの写真にあるおうちがあるかもしれません。 その2.Odeon Cinema近くにあるらしいブルー・プラーク 一応、そのバーミンガム中心部のNew Street Station近くのOdeonの住所はコチラ(BBCのBirmingham Odeon)。 その住所をMultiMapで調べたのが、コチラです。 Tolkien's Birminghamによると、New Streetにあるゴシック建築の建物は、元King Edward's Schoolであるそうです。 このKing Edward's Schoolこそが、トールキン教授が言語を愛し、その関心を育てた場所である旨が書かれいます。 掲載されている新旧の写真を見比べると、入り口が同じ形をしているように見えるので(?)、 もしかするとイギリスではよくある、昔の建物をそのまま使って新しいお店が入っているパターンなのかもしれません。 とにかく、そのOdeon Cinema入り口の近くに、 「ここに1552年~1936年にKing Edward's Schoolがありました」と書いたブルー・プラークがあるようです。 ・・・恐らくこの近くを歩いたような気がするので、見逃したのだと思います(あることも知りませんでしたから;)。 その3.St Anne's Catholic Church この教会のサイトを見つけました。 → コチラ! そこからMultiMapへのリンクも貼ってありますが。。。小さすぎて分かりづらいので、 一応ここからもはっておくと、コチラです。 これを見ると、また中心部から戻ってMoseley Bog近くのようです。 そしてさらに、縮尺を変えてみてみると、コチラのように、 右端に見える「Mill」の文字(恐らくそこがセアホールの水車小屋の場所です)と、 教会のマークと思われるオーブ(黒丸の上に十字架の形)の距離が結構ありますよね・・・。 う~ん・・・歩くのは厳しいのかしら? そして教会が開いているのは礼拝の時間だそうです。サイトを参考にしてください。 その4.ナゾの25 Stirling Road う~ん、MultiMapで調べても、こんな状態で、分かりません・・・。 ちなみに、この通りはOliver Roadだったのが今はなくなった(or改名した?)道、と書いてあります。 くわしくはTolkien's Birmingham2ページ目をご覧下さいませ → コチラ! どなたかお分かりの方、ご教授下さいませ< m(_"_)m > その5.教授が奥様と出逢った下宿。 トールキン教授がEdith Bratt嬢に出逢った下宿というのが、4 Highfield Road, Edgbastonだそうです。 そして、MultiMapで調べると、この辺り(クリックすると大きくなります)。 つまり、先ほどのTeleperformance Houseより南側に行ったところにある、ということですよね? ここにも、「1910年~1911年に作家J.R.R.トールキン氏がここに住みました」というブルー・プラークがあるようです (Tolkien's Birminghamの2ページ目に画像アリ)。 そして、ここがトールキン教授のバーミンガムで最後に住んだ住所です。 ・・・あ~ぁ。知ると、どんどん残念になります。 5ヶ所に絞りましたが、それはバーミンガムのKings Heathにあるという通りの名前で検索しても、Multimapでは出てこなかったからです。 Kings Heathで検索すると、この辺りのようですが・・・ → コチラ!(クリックすると大きくなります) まず「9 Ashfield Road」。生地である南アフリカから英国へ来て最初に住んだという場所です。 次に「86 Westfield Road 」。Moseleyから、Kings Heathに戻った場所、という説明があります。 そしてお母様の死後、叔母様のBeatrice Suffieldのところに住んだという「25 Stirling Road」。 ・・・本当に分かりません。もしお分かりになったかたがいらしたら、教えて下さいませ。
もっと見る