Travel on Tolkien

5/18(TUE)ストラトフォードからオックスフォードへ*From Stratford to Oxford

Stratford-upon-Avon
元のサイトで完全版を読む
散歩から戻った後、B&Bのオーナー夫妻とワンコとニャンズにお別れして、荷物を持って駅のある街の中心に戻りました。 まずは駅へ行って列車の時刻をたしかめて切符を買いました。 それからニュース・エージェンシーで飲み物と格安国際電話用のカードを買い、日本に電話をかけ、テディー・ベア博物館のお店をひやかして・・・とやっていると、あっという間に列車の時刻がやってきました。 イギリスの列車と言えば、古ーい列車(自分で扉を開けたり閉めたりしなくてはいけないタイプ!)が有名ですが、最近はこういう新しいタイプが増えてきています。 とはいえ、古い列車も走っているのは確かです。 滞在していた町からロンドンへ出るために何度か乗った列車は、そのタイプでした(笑)。 長距離を走る列車の場合、JRのように飲み物やスナックを満載したカートをごろごろ押して売りに来てくれます。 一度ファンタのような炭酸の入ったオレンジジュースを買ったのですが、ふつうにニュース・エージェンシーで買ったほうが安そうでした。
2枚目の画像
電光掲示板もあるんです! これから停車する駅を表示している最中でした。 他にも車内は禁煙です、などの表示が出てきます。
もっと見る