Travel on Tolkien

5/18(TUE) もう一つのパブ*Lamb & Flag

Oxford
元のサイトで完全版を読む
'Lamb & Flag'は、St. Giles Streetをはさんで'The Eagle & Child'の向かいにあるパブです。 残念ながら、こちらの中に入ることはありませんでした。 なかなか横断歩道が見つからず、イギリス人のまねをして、適当に横断したような気がします(笑)。 Wikipedia - English :The Eagle and Childによると、1962年にインクリングスはThe Eagle & Childからこちらのパブに集合場所を変えたのだそうです。 が、ファンは相変わらずThe Eagle & Childに行きたがる、とのこと。 わたしもそうでしたが・・・ やっぱり、あのプレートや写真がたくさんあると、どうもね・・・(笑) さて、Oxford Information - The Scholor's Guide to Oxfordによると、『テス』で知られる小説家・詩人のトーマス・ハーディが小説『日陰者ジュード』をLamb & Flagで書いたとされ、またその小説の最後のほうに出てくる'the obscure tavern in a rough place' というのは絶対にこのLam & Flagを指している、とのこと。 『日陰者ジュード』は1996年に『日蔭のふたり』というタイトルでケイト・ウィンスレット主演で映画化されています。 The Eagle & Childのお店の情報を探している時にみつけたのですが・・・ うーん・・・全然知らなかったです。 『テス』は知っていますが、おそらく『日陰者ジュード』は英文学では有名なんでしょうね。 日陰者ジュード トマス・ハーディ 川本 静子 Thomas Hardy / 国書刊行会 ISBN : 4336027307
もっと見る