Travel on Tolkien

5/18(TUE)モードリン・コレッジ*Magdalen College

Oxford
元のサイトで完全版を読む
Longwall Streetをさらに南下し、High Streetに行き当たります。そこを左、つまり東へ。 見えてくるのは、こんな壮麗な建物です。 『ナルニア国ものがたり』の著者でありインクリングスのメンバーでもあったC. S. Lewisが英文学の教授をしていたモードリン・コレッジです。 * Wikipedia:C.S.ルイス このブログでも何度か触れてきている映画『永遠の愛に生きて』で、ルイス教授役のアンソニー・ホプキンスがこの鐘塔(43m!)の上で叫ぶシーンがあります。 この塔は15世紀後半に建てられたもので、毎年5月1日のメーデーの6:00になると、塔の上から学生の聖歌隊が賛美歌を合唱するのだそうです。その後は無礼講が「公認」されているという伝統行事。
ロンプラ『英国』に「間違ってもスペルどおりには読まないように。正しい読み方は“モードリン”」と書かれているので、心しておりました(笑)。 さて、このロンプラを出してきたのは、こんなことが書かれていたからです。
C.S.ルイスの「ナルニア国物語(The Chronicles of Narnia )」に出てくる石像は、この回廊の風変わりなガーゴイル(ゴシック建築で怪獣の頭などをかたどった屋根の雨水の落とし口)やその他の彫像からヒントを得たという。
ね? 絶対に回廊を観に行かなくっちゃ、って思いませんか?
もっと見る