Travel on Tolkien

シンガポール科学センターの人々*The Curators of SSC

LotR展@Singapore
元のサイトで完全版を読む

LotR展の展示室のあとは、特殊効果SFXを体験してみよう! というコーナーになっていました。 たとえば、上の写真。 ブレてしまって申し訳ないのですが、会場外にあったビデオです。 よくよく見ると、幽鬼くんとエオウィン姫が奈落にかかったつり橋を渡ろうとして鉢合わせ! エオウィン姫は果敢に幽鬼くんをやっつけようとしていらっしゃいます。 他にも、エオウィン姫や白のガンダルフが踊り担当で、幽鬼くんがエレキ担当の、 中つ国でマカレナ!がとっても楽しそうでした。 背景がディスコっぽくなるんです。
2枚目の画像
シンガポールのLotR展はこちらも含めての展覧会でした。 出口から出てきたのは、もう閉展も間近でした (午後から行きましたからね・・・)。 でも、やっぱり、手首にこんなスタンプを押してもらいました。 このスタンプがある人はもう一度入場できますよ、というヤツですね。 本当は手の甲に皆、押してもらってたみたいなのですが、 手を洗うと取れちゃう!と思いついて、こっち、こっち!と(笑)。 その日限りなんですけどね~。 結局、お店で時間をとってしまい、再入場することはありませんでした。
さて、LotR展も終わったし、本館へ行ってみようかなと思って、どんどん入っていくと、 さすがは科学センター、大きくてカラフルな模型で理科を教えてくれます。 来たときに、小学生の高学年くらいの制服を着た子供たちが、ワイワイ騒ぎながら本館に入っていくのを見ていたのですが、 確かにちまちまとした教材を授業で見せられるより、自分で体感したほうが面白いだろうと思いました。 例えば、気球。レバーを引くと、ガスバーナーが点いて、しばらくすると気球が揚がっていくようなっていました。 もちろん建物の中ですから、一番上まで行くとガスバーナーが自動的に消えるようになっていますし、 綱で真っ直ぐ上にしか揚がれないようになっていました。 それから色々な動物や変わった虫が飼われていたのにはびっくりしました。 そうして観まわっているうちに、何だか変だ、ということに気が付きました。
もっと見る