Travel on Tolkien

シンガポールで日本料理

Singaporeその他
元のサイトで完全版を読む
シティ・リンク・モールのどこかで晩ごはんを食べようとぶらりぶらりとしていたら、 「日本料理もあるよ」と店員さんに呼び込まれちゃいました。 お腹も空いてるし、ここに決ぃ~めた!と、入ることに決定。 だって、シンガポールの日本料理って、どんな感じなのか知りたかったから。 で、出てきたのが、上の写真です。 『NOOCH』というお店でした。
2枚目の画像
店内の様子。 ・・・というか外から見ても同じなんです、 総ガラス張りだから。 何だか、日本のオフィス街で 食べてるような錯覚に陥りそうですね。 皆さん、器用にお箸を扱ってました。
3枚目の画像
もう一枚。 スクリーンがあって、 洋楽ヒットチャートの常連メンバーの PVが流されていました。 これも、このお店に入った理由の 一つだったりもします。
お味は中華風味でした(笑)。 甘くて味が濃いかんじです。 あの胡椒や七味?のケースのとなりにある、あのプレートと同じ。 いかにお腹が空いていたかがお分かりになると思います・・・; 上から、蟹のミソ・スープ、カニカマのマヨネーズ和えを薄焼き卵で巻いたもの、コーン・サラダ、デザートのスイカ、カニのてんぷら、 たくあんと佃煮、カニの手のフライとカニのチャーハン。 とまぁ、カニずくしだったんです。・・・何のカニだったのか、よく分かりませんでしたが、小さなカラのやわらかいカニさんでした。 それと、マンゴー・フラッペ。 これは美味しかったですね~!
もっと見る