Travel on Tolkien

ラッフル卿上陸の地*Raffles Landing Site

Singaporeその他
元のサイトで完全版を読む
朝日がまぶしそうなラッフル卿ガイドブック『地球の×き方』には「はずせない記念撮影ポイント」とあるのですが、 どうやらその日はミニ・コンサートでもあったらしくこの通り。 ヤシの木のカットの仕方がおもしろいです。 「ラッフル」という名前があちらこちらで使われるのは イギリス人のこの方御一行様が上陸して発展の礎を築いたことに 敬意を表してのことだそうです。 ホテルで朝食を早めに取ってこのように、あちこち外から見れる建築物や観光スポットを観に行きました。 明日もその写真をちょっと出すつもりです (だってLotR写真は皆様以前に見た方がほとんどですよね?(笑))。 この近くにリバー・クルーズの乗船場がありました。 その川の名前はシンガポール川・・・わかりやすいっ!
もっと見る