カテゴリ:Tolkien Weekend 2004( 12 )

2004年 12月 04日
5/16(SUN) トールキン・ウィークエンドでおっかいもの♪*Shopping on Tolkien Weekend
トールキン・ソサエティの旗が出口をかざっています。
b0012113_22331461.jpg
その外で、女性がチェーン・メイルを編んでいらっしゃいました。
トールキン・ソサエティ製のTシャツにチェーン・メイルをくっつけて、にわかゴンドール兵気分に♪
でも、ちょっとわたしには似合いそうにないので、こちらは買いませんでした(笑)。
あるいは、チェーン・メイルのキーホルダーも売られていました。
b0012113_22393737.jpgb0012113_22401060.jpg
右側の写真は、トールキン・ソサエティのものを買うと入れてくれるビニール袋です。
教授の本のタイトルがずらずらと並んでいるデザイン。
そして無料配布だったトールキン・ソサエティ製のしおり。
同じく、無料で配っていた、こんな葉書。
b0012113_2243264.jpgb0012113_22431964.jpg
左側はもちろん、教授が描かれたドラゴン(長虫かも?)。
右側は、ちょっとほほえましい感じのする、ぬり絵風の葉書です。・・・なんだか東洋風の竜ですよね?
さて、これらのものは、買わずにもらってかえったものです。
買い込んだお土産は続きで・・・!

いろいろ手が伸びてしまいました・・・>
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-12-04 22:38 | Tolkien Weekend 2004
2004年 12月 04日
5/16(SUN) トールキン本がいっぱい!*Many, many books on Tolkien!
セアホールの水車小屋の2Fから降りてくると、もう出口。
その出口付近はトールキン・ソサエティとバーミンガム市議会の展示室になっていていました。
ご覧下さい! こ~んなに、教授の本やその関連本(中にはCDやカセット、それにパロディ本も・・・)があるんですよ!
b0012113_19161257.jpg
これらは、バーミンガムの地元の図書館から借り出されたものなんですって
(記事の一番下の続きに、リストを挙げておきました)。
b0012113_19163757.jpg
b0012113_19215683.jpgそして、トールキン・ソサエティからは、
各国語に翻訳された『指輪物語』や『ホビットの冒険』などが
ものものしくガラスケースに入れられて展示されていました。

表紙の絵もいろいろありますね~♪
b0012113_19232993.jpgもちろん、日本語のものもありました!
ところが、それは新訳の文庫本だったんですよ。
そこで、しっかり旧訳の文庫本を持っていっていたわたしは、
展示担当のトールキン・ソサエティの会員さんに自慢!(笑)
「前はバクシ版の表紙なの。で、後ろは、ほら、教授になってるんですよ!」
b0012113_19271262.jpgその後、その会員さんが「実は、トールキン・ソサエティでは
色んな言葉に訳されたトールキンの本をこうやってコンピュータで
検索できるようにしているんですよ。良かったら、検索していきませんか」
と仰るので、その検索画面を「ホントですねぇ」と言いながら見ていると
「ん?これはちょっと間違ってるみたいですよ・・・」
日本語の読み方の間違いをえっらそうに(大汗;;)指摘しては、
会員さんのすすめで打ち直したりしていました・・・。

あの、もし次回以降のトールキン・ウィークエンドに参加される方は、
どうかそれにご協力をお願いします・・・・。
まだまだ検索エンジンに含まれていない日本のトールキン本が
たくさんありました。
それに間違いを全ては直していませんので・・・

展示されていた本のリストです・・・>
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-12-04 19:37 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
5/16(SUN) ホビット足!*Proudfeet!
これもTolkien Societyのメンバーさん(の、おみ足)です。(笑)
手作りっぽい茶色のズボンにツイードの上着、くるくる巻き毛の髪に丸っこい顔。
本当にホビットみたいなおじさまでした!
b0012113_1521998.jpg

映画を観るまでは一体どうなっているのかと考えていたホビットの足。
しかし靴はめったにはかなかった。足の裏が革のようにかたく、髪の毛とほとんど変わらない濃い捲き毛におおわれていたからである。なお髪の毛はみな茶色だった。
という記述が『指輪物語』の『旅の仲間』序章 「一. ホビットについて」にあるからです。
これを読むと、足の裏に毛が・・・?ということになるのですが、
実は足の甲に毛があるということを知りました。 これも映画のお蔭です。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 15:22 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
5/16(SUN) ご案内します*Infomation Tent
b0012113_14405061.jpg

一時的に人が引いた案内所です。
この時以外はひっきりなしにお客さんが来て、Tolkien Societyのメンバーの方が応対していました。
例えば・・・
このイベントに参加したいのですが、予約できますか?とか、
水車小屋に入ろうと思ったら、ここでもらえる整理券がないと入れないと言われたわ、とか、
1ポンドの当てものゲームしたい!とか、
Moseley Bogにはどう行けばいいの?とか、
プログラム頂けますか?とか。

内部には手作りっぽい、エルフ文字の書かれたバナーや軍旗が飾られていました。
で、Tolkien Societyのメンバーさんの写真を撮らせていただきました。

その写真が>コチラ>
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 15:07 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
5/16(SUN) ヴァイキング!*Dark Age Vikings
b0012113_1429687.jpg

ヴァイキングのテント(三角テントです)が数張り、その前に毛皮を敷いて、
剣を磨いたり、水を水牛の角(?)から飲んだりしている方たちが。
しばらく待っていると、その方たちが武装して、戦闘の様子を見せてくれました。
観客たちはワイワイ応援しています。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 14:34 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
5/16(SUN) 指輪戦争を体験*Games Tent
b0012113_14243145.jpg
Games Workshopを実際にこんなに大規模に戦っているところは初めて見ました。
サイコロをコロコロ転がして、出た目の数で進んだり、戦没したりするようです。
丁寧に作られた戦場もスゴかったなぁ・・・!
フィギュアはもともと色づけされないで売られているので、それを一生懸命ペイントしている子供たちがいました。
ペイントといえば、顔にペイントしてもらって、魔女のホウキをつくって喜んでいる子供たちもいました。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 14:21 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
5/16(SUN) トールキンのスミアル*Tolkien Tent
b0012113_13213730.jpgTolkien Weekend終了後に写したトールキン・テント内です。
これはほんの端で、テントの梁が二つある大きなテントでした。
レゴラス王子のスタンディーの横には小さな白板があって、
その近くでエルフ語基礎講座が開かれていました。
エルフ語を教えてくださった女性は、
エルフっぽい軽快な格好をされていましたよ!
活用形とか名詞などの資料を色々と貰って帰りました。

黒い旗が見えると思いますが、
塔を中央に、その上に星が輝いて、周りを木々が囲むという
アイゼンガルドをシンボルにしたものだと思います。
「二つの塔」があり、教授が子供の頃に
遊んだ森Moseley Bogのあるバーミンガムに
ふさわしいですね♪
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 13:25 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
プログラム*Tolkien Weekend 2004 Programme
b0012113_12531342.jpg

会場で買ったホット・コーヒーの染みが着いてしまいましたが、
こんな感じでした。(そのコーヒー、熱すぎるわ、薄いわ、焦げすぎてるわで、もう・・・マズ過ぎ!)
わたしは上のGreen RoadからRiver Coleをわたって下へ下へと歩いていきました。
あ、今見て気が付きましたが、やっぱりわたしは道を間違えていましたね(汗;)
Green Roadをずっと歩いてきてしまったのかしら?・・・どうやって歩いたのか、ナゾです。
b0012113_12533917.jpg

プログラムの表紙と裏表紙です。
表紙のTolkienの T が折れたる剣になってます(笑)。

裏表紙に書いてあるイベントは、日曜の午後にはもう予約がいっぱいで、
参加することができませんでした。
う~ん、土曜から来れたら良かったなぁ・・・

四角い枠の上に書いてあるのは、
Moseley Bog(という自然そのままの公園があります)で
『指輪物語』原書から抜き出した各場面をナレーション付きで演劇を行います、とのお知らせです。
各時間帯に予約しておいたグループは、モーズリー・ボグ内を案内人さんが導いてくださるそうです。
大体1時間45分くらい、駐車場のインフォメーション・テント(水車小屋の近くの大きな i のところ)で要予約。

枠の中に書いてあるのは、バーミンガム中心部近くの「二つの塔」と、
教授が在籍していたSt. Phillip's Grammer Schoolへ、
なんと1950年代のバスに乗りこんで行ってみましょう!というお知らせ。
もちろん、こちらにはお金がかかります(恐らく先ほどの演劇はボランティアと思います)。
でも大人2ポンド、子供1ポンド
しかも「二つの塔」の一方のPerrott's Follyの内部へ入れたのだそうです!(普段は閉鎖されています)
きゃ~、悔しい!!
こちらの予約も、水車小屋近くのインフォメーション・テントで。
(↑これまでの話は当然のことながらTolkien Weekend 2004ではそうだったということです)

どなたか、いらっしゃった方は是非ともレポートをお待ちしております!!!

その他のイベントについては>コチラ>
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 12:06 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
5/16(SUN) トールキンな週末を過ごそう!*Tolkien Weekend 2004
小川にかかる橋をわたると、小さなブースと折りたたみ机があり、それからおばさまがお二人いらっしゃいました。
お二人とも胸にTolkien Societyのバッヂをつけていらして、Tolkien Weekendのプログラムを販売したり案内をしたり。
その他のときはゆったりとおしゃべりされています。
「こんにちは!セアホール・ミルはどこですか?」
「こんにちは!えっとね、水車小屋はあそこよ、あの煙突が見えるでしょ?そちらへ行く前に色んなテントがあるわよ。プログラムはいかが?」
「プログラムは1ポンドなんですか?」
「ええ、はいどうぞ」
「スミマセン、今こちらへ着いたばかりで、この後B&Bに行くので、このスーツケースとカバンを見ておいて頂けますか?」
実は背中にはデイバッグ、手には小型のスーツケースを引っ張ってここまでやってきたのでした。
その中にこれから一週間分の荷物が入っています。
「もしかして日本からこのためだけにいらしたの!?」
「いえ、今イギリスに研修に来ていたもので」
「あぁ、なるほどね。もちろん見ておいてあげます。ここに置いておきますから。では楽しんで!」
「ありがとうございます!」
b0012113_1126296.jpg

ブースを後にして、まず目に付いたのが、巨大なバルーン式のアトラクション。
中で子供たちがピョンピョン飛び跳ねて、きゃっきゃと喜んでいます。
よくレジャーランドにあったり、こういう野外の移動式サーカスに付き物だったりするものですね・・・
う~ん、教授とは何の関係があるのだろう??と思いながら、一番近いテントへと近付きます。
そこはホンモノの武器を触ってみよう!というコーナー(War of the Roses Re-enactment Society)で、
ロビン・フッドの格好(トム・ボンバディル!と思いましたがお髭がなかったです(笑))をした男性が、矢を射させてくれたり、
その日の晴天にはちょっと暑そうな甲冑をチャキッと着た男性が、
グローヴ(手の甲の部分にも金属が施してあるガチガチのものですね)をはめさせてくれたりしていました。
シンガポールのLotR展でサウロン様のグローヴを見ていたので、こちらにトライ。
お、結構重い・・・わぁ、ちゃんと指の曲げ伸ばしができるんだ!←当たり前なんですが、初体験だと感動するものです。

次に向かったのが、子供たちが喜んでいるポニーに乗ろう!
・・・いくらなんでも乗ってませんよ。でもあまりに子供たちがかわいいので・・・♡
親御さんたちが一生懸命「こっち、こっち!」とわが子の写真を撮っていらっしゃいました。
そのお向かいにあるのが、メリーゴーランドだったりして。
さらにその向こうでは、小さなお客さんと、運転手ならびに車掌をつとめる大のおじさまが同乗した(というより
車体にまたがった)小さな機関車が、ポッポ~と走っていたり。
う~ん、子供たちがトールキンな週末になじむためにはこんなアトラクションが必要なのか、
それとも地元のおまつりも兼ねているのかな~と考えていました。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 11:23 | Tolkien Weekend 2004
2004年 10月 17日
5/16(SUN) セアホールの水車小屋へ * To Sarehole Mill
Tolkien SocietyのTolkien Weekend 2004の通知ページに、
セアホールの水車小屋の辺りの地図がリンクされていました
(→この地図のMUSがセアホールの水車小屋の場所です)。
もう少し拡大して、道路の名前も分かるようにしたい!というときには、
このMUSの辺りをクリックしてください。
そうすると・・・
Hall Green駅の西側、つまりバーミンガムから来たなら陸橋を渡って駅長室の横の改札を通って出て、
少し北へ戻り、Green RoadからSarehole Roadと交わるまで直進します。
次にSarehole RoadからCole Bank Roadに行き当たるまで直進。
これで着けるはず!

この一帯は、かわいいお庭(本場のイングリッシュ・ガーデン!)つきの住宅街です。
足は水車小屋へと急ぎつつも、目は忙しく周りを見渡していました。
美しい花が咲き乱れる庭、日本とはまた少し違った一戸建ての家のつくり、
それから・・・本当にこっちへ歩いていて大丈夫???

とそこへ家族連れがやってきたので、助かった~!とばかりに歩み寄っていって
「セアホール・ミルへ行きたいのだけど、どこかお分かりですか?」と訊くと、
「あぁ、あそこよ!お祭りしてるわ、わたしたちも行って来たところよ~」と、毛足の長い白い犬を連れたおばさまは教えてくれました。
あともう少しのところと分かりました!
b0012113_0231332.jpg

行ってまずビックリ!だったのはこの道路。
水車小屋から流れてくる小川へ、ジャボジャボと車が入って渡っていきます。
子供たちは喜んで水遊びしていました。
もちろん、小川には歩行者用の橋がかかっています(写真手前のアルミの柵がそうですね)。
次にビックリだったのは、水車小屋の前には広い野原がひろがっていたことでした。
水車小屋だけじゃなかったんだ!
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-17 00:27 | Tolkien Weekend 2004