カテゴリ:Singaporeその他( 13 )

2004年 10月 07日
ヒースローまで*To Heathrow
b0012113_1472239.jpg

b0012113_1481387.jpg

シンガポールからイギリスまでのSQの朝ごはんとお昼ごはん(?)です。
はてな付きなのは、フライト時間が長いと「お食事」だとしか思えなくなっちゃうからです。
朝はちゃんとマッシュルーム付きのイングリッシュ・ブレックファストにしてみました。
後のお食事は、魚にしたんだと思います。 まぁまぁ美味しかったですよ。

そんな長いフライトの間観た映画。
・斜め前の方が観ていた『ラスト・サムライ』と『マトリックス』、『キル・ビル』。
ぶしどーです。
音声は聞こえないのですが、何となく筋だけは分かりました。
・ちゃんと自分で観たのは『タイムライン』と『ラヴ・アクチュアリー』。
イギリスっぽい感覚にしようと思って。
「マイケル・クライトンで中世だ~」というのと、「あ、ヒースローだし、ちょうどいいや~」というので決定。
『ラヴ・アクチュアリー』の方がおもしろかったかしら?
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-07 01:54 | Singaporeその他
2004年 10月 07日
See you, Singapore!
b0012113_132468.jpg
朝早く起きることに成功して、
スーツケースを引っ張ってチャンギ国際空港へ戻ってまいりました。
そんな空港内のど真ん中にあるのが、こんなグリーンです。
街中ではまだ時期が早くて見ることのできなかった、蘭が咲き乱れていました。
お池には魚(鯉だったかしら?)まで泳いでいます。
この近くには、時間制限はありますが、無料でネットにつながったPCを使えるコーナーがありました。
ここで行き先のイギリスの気候とニュースをチェック。
帰りも日本の情報をチェックすることができました。
ネットって便利ですね~
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-10-07 01:37 | Singaporeその他
2004年 09月 27日
シンガポールの歴史を感じる
b0012113_1535126.jpg

白亜の教会、
アルメニアン教会です。

シンガポール在住の
アルメニア人家族によって
建てられた教会だそうです。

1835年築。
それでもこの白さ!


b0012113_1574129.jpg

ラッフルズ卿上陸地の近くには
こんなライフサイズの銅像が
あちらこちらにあります。

これは物を運んでもらっているところかしら?
天秤棒を支えている手前の人の髪型が
三つ編みっぽいですね。

他にも、シンガポールの経済発展を示す像とか、
シンガポール川に飛び込もうとしている
子供たちの像とかがありました。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-09-27 01:59 | Singaporeその他
2004年 09月 27日
シンガポールで日本料理
b0012113_113572.jpg

シティ・リンク・モールのどこかで晩ごはんを食べようとぶらりぶらりとしていたら、
「日本料理もあるよ」と店員さんに呼び込まれちゃいました。
お腹も空いてるし、ここに決ぃ~めた!と、入ることに決定。
だって、シンガポールの日本料理って、どんな感じなのか知りたかったから。
で、出てきたのが、上の写真です。 『NOOCH』というお店でした。
b0012113_1213015.jpg

店内の様子。
・・・というか外から見ても同じなんです、
総ガラス張りだから。

何だか、日本のオフィス街で
食べてるような錯覚に陥りそうですね。

皆さん、器用にお箸を扱ってました。


b0012113_1243274.jpg
もう一枚。
スクリーンがあって、
洋楽ヒットチャートの常連メンバーの
PVが流されていました。

これも、このお店に入った理由の
一つだったりもします。


お味は中華風味でした(笑)。 甘くて味が濃いかんじです。
あの胡椒や七味?のケースのとなりにある、あのプレートと同じ。
いかにお腹が空いていたかがお分かりになると思います・・・;
上から、蟹のミソ・スープ、カニカマのマヨネーズ和えを薄焼き卵で巻いたもの、コーン・サラダ、デザートのスイカ、カニのてんぷら、
たくあんと佃煮、カニの手のフライとカニのチャーハン。
とまぁ、カニずくしだったんです。・・・何のカニだったのか、よく分かりませんでしたが、小さなカラのやわらかいカニさんでした。
それと、マンゴー・フラッペ。 これは美味しかったですね~!
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-09-27 01:24 | Singaporeその他
2004年 09月 25日
シティ・リンク・モール*City Link Mall
b0012113_2342997.jpgシティ・ホールの周辺は
地下街もすごいんです。
たくさんのお店が立ち並んでいて、
明るくて清潔感があるので、
夜にぶらぶらしていても
全然飽きません。
ヴァージン・メガストアだったか、
HMVだったかがあったので、
ふらっと入って、
どんなランナップかを見たり、
本屋さんに入って
『シンガポール・ヌードル』という
美味しそうな写真入りの薄い本や
LotR関連本のペーパーバックを
見つけて、買ったりしました。

途中で、ネット・カフェがあって、
1ドリンクにつき15分間ネットが
見られる、ということだったので、
アイス・コーヒーを飲みながら
ネットを見ようとすると、
残念ながら、日本語はムリみたい。
ニュースをチェックしてお終いにしました。

モンドリアン風です、City Link Mall。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-09-25 23:12 | Singaporeその他
2004年 08月 18日
がっかりライオン? マーライオン兄弟*Merlions
b0012113_19512379.jpg
ミニマーライオンと本家マーライオン
シンガポールといえば忘れちゃいけないのが、このマーライオンであります。
思いっきり逆光ですが、これは時間帯によるものですね・・・
「マーライオンがシンガポールを象徴する想像上の生きものだから、と聞いて観に行ったのに・・・」
がっかりしたというお話、聞いたことがあります。
それは1972年につくられた、こちら手前のミニマーライオンでござます。

あまりに小さい・・・恐らく2m弱くらいでしょうか?
さてこれでは、というのでピッタリ30年後に盛大なセレモニーとともにご披露されたのが、
本家マーライオンであります。
こちらは8mとのことで、勢いよく水を海に向かって吐き出しています。

ここでの疑問は、なぜ後からできたマーライオンのほうが「本家」なのか?ということですね。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-08-18 20:03 | Singaporeその他
2004年 08月 18日
ラッフル卿上陸の地*Raffles Landing Site
b0012113_19344748.jpg
朝日がまぶしそうなラッフル卿
ガイドブック『地球の×き方』には「はずせない記念撮影ポイント」とあるのですが、
どうやらその日はミニ・コンサートでもあったらしくこの通り。
ヤシの木のカットの仕方がおもしろいです。

「ラッフル」という名前があちらこちらで使われるのは
イギリス人のこの方御一行様が上陸して発展の礎を築いたことに
敬意を表してのことだそうです。

ホテルで朝食を早めに取ってこのように、あちこち外から見れる建築物や観光スポットを観に行きました。
明日もその写真をちょっと出すつもりです
(だってLotR写真は皆様以前に見た方がほとんどですよね?(笑))。

この近くにリバー・クルーズの乗船場がありました。
その川の名前はシンガポール川・・・わかりやすいっ!
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-08-18 19:45 | Singaporeその他
2004年 08月 18日
シンガポール国会議事堂*Parliament House
b0012113_19272831.jpg
シンガポール国会議事堂
看板のシンボルサインの一番下、おそらく正義をしめす、羽の生えた杖だと思うのですが・・・
何かに似ていませんか?(笑)
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-08-18 19:31 | Singaporeその他
2004年 08月 17日
Chijmes
b0012113_1124128.jpg

チャイムス、と発音します。
ガイドブックによると、約160年前にフランスの尼僧により立てられた修道院が
その面影をのこしたまま、レストラン・バー、様々なお店が入ったショッピング・モール。
柵があるのが見えると思いますが、その向こうは地下の中庭になっています。
中庭にはスツールやテーブルがいっぱい。
様々なレストラン・バーで買った食べものがそこで食べられるようになってるんですね。

重要なのは、ここに旅行案内所 TIC があるということです。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-08-17 01:20 | Singaporeその他
2004年 08月 17日
City Hall Station
b0012113_049129.jpg
ここは日本でしょうか?   ・・・と見た目はそんな感じですよね。
歩いている方もアジア系という感じがします。
東京の都電の新しい駅や、京都市営地下鉄の駅にもこんな感じの、転落防止機能つきの出入り口がありますよね。

チャンギ空港駅からシティ・ホール駅までMRTという地下鉄を利用したのですが、
なんと「文殊中学」という学校がありました!!
とっても中国な感じの建築の校舎で目を見張ってしまいました。

他にはたくさんのマンション、アパート群! 林立していましたよ。

電車の中は中国語・英語・フィリピーノ・インドネシア語(うしろの2つは恐らく・・・です)が入り乱れています。
一番多そうなのは中国語でしょうか。
夕方に着いたので、会社帰りの背広さんや日本とあまり変わらないスーツ(でもアジアンな感じです)を着たOLさんたちが
どんどん席をうめては立ち去って行きます。
ものを食べるな、ものを捨てるな・・・という表示が大体5言語くらい書いてあります。
それらにおかまいなく食べている子供もいたのは秘密です(笑)

そしてここはシティ・ホール駅です。
ちゃんと次の電車がくるのはいつ(あるいは何分後だったかな?)という電子表示もあり。
[PR]

by Chica_Chubb | 2004-08-17 01:07 | Singaporeその他