<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2005年 03月 21日
5/19(WED) アッシュモリアン博物館*the Ashmolean Museum
St. John's Streetを南へ歩き、Beaumont Streetに出ます。
そこで左に折れ、再びSt. Giles Streetに向かって歩きます。
そのときBeaumont Streetの南側にあるThe Playhouseをお見逃しなく!
有名な劇場なのだそうです。

また、Beaumont StreetとSt. Giles Streetの角にあるアッシュモリアン博物館は、非常に立派な建物です。
入場無料。

特に、フィリップ・プルマンの「黄金の羅針盤」シリーズのファンならば、できれば訪れたいところでしょう。

黄金の羅針盤〈上〉
フィリップ プルマン Philip Pullman 大久保 寛 / 新潮社
ISBN : 4102024115
黄金の羅針盤 下巻 (2)
フィリップ プルマン Philip Pullman 大久保 寛 / 新潮社
ISBN : 4102024123
神秘の短剣〈上〉
フィリップ プルマン Philip Pullman 大久保 寛 / 新潮社
ISBN : 4102024131
神秘の短剣 下巻 (2)
フィリップ プルマン Philip Pullman 大久保 寛 / 新潮社
ISBN : 410202414X

琥珀の望遠鏡〈上〉
フィリップ プルマン Philip Pullman 大久保 寛 / 新潮社
ISBN : 4102024158
琥珀の望遠鏡〈下〉
フィリップ プルマン Philip Pullman 大久保 寛 / 新潮社
ISBN : 4102024166
Lyra's Oxford (Pullman, Philip, His Dark Materials.)
Philip Pullman / Alfred a Knopf
ISBN : 0375828192
なぜって・・・たぶん『神秘の短剣』で出てきた博物館はアシュモリン博物館と思われるからです。
Ashmolean Museum - A large museum in Oxford, the oldest public museum in the UK. The museum that Lyra asks directions for from two police officers, to throw them off their search for Will.
His Dark Materials | Bridge to the Stars.NetのEncyclopediaより。
でも時間切れで行けなかったんですよね~・・・つくづく残念。
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 19:45 | Oxford
2005年 03月 21日
5/19(WED) トールキンの最初の家*Tolkien Family's first Oxford home
b0012113_14413962.jpgSt. Giles SteetからPusey Streetに入って西へ。
一つ目に交差点はPusey Laneですから、その次に交わるのがSt John's Street。
Address: 50 St. John's Street, Oxford (→Multumap)
トールキンが第一次世界大戦から帰国し、ヨークシャーで体力を回復した後、Oxford English Dictionary編纂の仕事を得ました。
そこで1918年、オックスフォードに戻ってきて最初に住んだ家。長男のジョンも誕生しています。
その後、1919年に1 Alfred Streetの家に引っ越しました。

ご覧の通り、壁が黒くなっています。
インクリングス・ツアーのガイドさんの話によると、セントラルヒーティングによる火事があったせいなのだそうです。
また、2003年4月17日に高額で売却されたことを、眉をひそめて話されていました。
そのせいで、工事中だったわけです。
さてさて、どんなところになるのでしょうか?
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 16:02 | Oxford
2005年 03月 21日
5/19(WED) ルイスとジョイ*42 St. Giles
b0012113_156476.jpgPusey Streetの角からもう少し南に戻ったところに、左の写真の建物があります。
写真をみるとドアの上に「42」という数字がついているので、住所は42 St. Gilesと分かります。
インクリングス・ツアーのガイドさんの話を必死に聞き取った範囲では、このバルコニーのある2階で、ガンにおかされつつあるジョイとC.S. ルイスが婚約を交わした・・・?
そういう場面を映画『永遠の愛に生きて』で撮影した・・・?
どちらだったのか、はっきりしませんでした(スミマセン;;)。
うーん、映画でそんな場面もあったような、なかったような。。。

とにかくそんな話は初めて聞いたので、必死に写真を撮ってきました(笑)。
バルコニーがこの建物では重要であるようです。
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 15:15 | Oxford
2005年 03月 21日
5/19(WED) トールキンの2番目の家*Tolkien's Family's second Oxford Home
b0012113_1462035.jpgトールキン一家のオックスフォードにおける2番目の家は、昔この通りにありました。
Address: 1 Alfred Street(今のPusey Street)(→Multimap)

ちょうどThe Eagle & Childに行く道にOxfamという慈善団体のお店(古本や古着、中古のものが売られています)があるので、それが目印になります。
1919年に50 St. John's Streetのオックスフォードで最初の家から移り住み、1920年にリーズに引っ越すまで住んでいたところです。
ただ場所は、はっきりしません。
通りの名前が変わってしまい、しかもトールキンがリーズに引っ越した後に大学関係の建物ができたからです。
インクリングス・ツアーのガイドさんも「このあたり」としか言っていませんでした・・・
Pusey Streetで家らしいのは、Oxfamのお店くらいでしょうか?
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 14:31 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) 子羊と旗亭*Lamb & Flag
b0012113_12582428.jpgAddress 12 St Giles, Oxford (→Multimap)

Tel 01865 515787
Open 11-11, Sun 12-10.30
Food 12-3
Pint £2.20 Shot £1.70 Coke 90p

Disabled access Yes
Bar games Chess
Oxford University Student Union: Lamb & Flag
Lamb & Flagに行くには・・・
The Eagle & Childに行くとき、あるいは帰るときにSt. Giles Streetのお向かいをよ~く見ると、子羊とイングランドの旗の看板があるパブがありますよ!
どなたかレポートをお待ちしています!!
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 13:12 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) もう一つのパブ*Lamb & Flag
b0012113_1242043.jpg'Lamb & Flag'は、St. Giles Streetをはさんで'The Eagle & Child'の向かいにあるパブです。
残念ながら、こちらの中に入ることはありませんでした。
なかなか横断歩道が見つからず、イギリス人のまねをして、適当に横断したような気がします(笑)。

Wikipedia - English :The Eagle and Childによると、1962年にインクリングスはThe Eagle & Childからこちらのパブに集合場所を変えたのだそうです。
が、ファンは相変わらずThe Eagle & Childに行きたがる、とのこと。
わたしもそうでしたが・・・
やっぱり、あのプレートや写真がたくさんあると、どうもね・・・(笑)


さて、Oxford Information - The Scholor's Guide to Oxfordによると、『テス』で知られる小説家・詩人のトーマス・ハーディが小説『日陰者ジュード』をLamb & Flagで書いたとされ、またその小説の最後のほうに出てくる'the obscure tavern in a rough place' というのは絶対にこのLam & Flagを指している、とのこと。
『日陰者ジュード』は1996年に『日蔭のふたり』というタイトルでケイト・ウィンスレット主演で映画化されています。
The Eagle & Childのお店の情報を探している時にみつけたのですが・・・
うーん・・・全然知らなかったです。
『テス』は知っていますが、おそらく『日陰者ジュード』は英文学では有名なんでしょうね。
日陰者ジュード
トマス・ハーディ 川本 静子 Thomas Hardy / 国書刊行会
ISBN : 4336027307

[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 12:38 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) The Bird & Baby*The Eagle & Child
b0012113_1058984.jpgAddress: 49 St. Giles, Oxford(→MultiMap)

Tel 01865 302925
Open 11.30-11, Sun 12-10.30
Food 12-3, 7 Days, Mon-Thu 6-9
Pint £2.10 Shot £1.65 Coke £1.20

Disabled access Yes
Bar games Quiz on Tuesdays
* Oxford University Student Union: Eagle & Child
The Eagle & Childに行くには・・・

Martyr's Memorialが見えるBeaumont Streetと短いMagdalean Streetと広いSt Giles Streetの交わる交差点まで来たら、
St Giles Streetの西側を北へ北へ!水色の看板が見えてきますよ!
中に入って、インクリングスゆかりのもの、特に"C.S.Lewis ..."から始まるプレートと、手書き文書のチェックは忘れずに!
運が良ければメニューがもらえますし、レジのちかくでThe Eagle & Childの名前と看板のデザインが入ったTシャツやライターを売っていました。
* Virtual Tourist.com - Oxford: The Eagle & Child - Review
こちらを見ると、平均より安く、だいたい10ポンド以下で済ませている人が多いようです。
Wikipedia - English: The Eagle and Child
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 11:54 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) & 5/19(WED) オックスフォードでトールキンのゆかりの地めぐり
オックスフォードでトールキンゆかりの地めぐりに必要なものをリストアップしてみます。

その1.『或る伝記』
J.R.R.トールキン―或る伝記
ハンフリー カーペンター Humphrey Carpenter 菅原 啓州 / 評論社
ISBN : 4566020649
言わずと知れたトールキンの伝記。
トールキンが住んだ家やゆかりの場所のカンタンな地図が付いています。
ちょっと重いので、わたしも持って行かなかったクチなのですが、あればもっと濃い内容の旅行ができたかも・・・と悔やみました。
すくなくとも地図のところだけコピーするなり、すれば良かったです。


その2.Multimapの地図。
上の本を持っていかなかったので、ネットで分かる範囲で住所などを調べました。
もし『或る伝記』を持っていったとしても、はっきりと分かるわけではないので、前もってMultimapで調べてプリントアウトしたと思います。
そういうわけで、一つ一つ場所をMultimapの地図とリンクしています(赤丸が大きすぎるのが難点ですが・・・)。
そして非常にお世話になったHPさんたちです。
しだ家の馬小屋・・・ぐらさんのHP。指輪旅行記と、旅行記のある日本語のHPがリンクされています。
Taruithorn. The Oxford Tolkien Society・・・Tolkien's Oxfordに住所と写真そしてコメントがあります。
Virtual Tour of JRR Tolkien's Oxford・・・トールキンの住んでいた場所と、役職そして取り組んでいた本がフラッシュとの年表でわかりやすくされています(要Macromedia Flash Player & Quick Time Player)。
J.R.R. Tolkien in Oxford: A site of his life in this city!・・・残念ながら閉鎖中ですが、こちらのHPの情報や、行き方を指示したTour of Oxfordは非常に役に立ちました。幸いプリントアウトしたものが手元にありますので、その内容も含めたものを、このサイトでご紹介するつもりです。
最後に挙げたHPによると、トールキンとC.S. ルイスの人生に興味にある人には前述の『或る伝記』、それから以下の2冊の本が役に立つそうです。
C.S.Lewis
Roger Lancelyn Green Walter Hooper / HarperCollins
ISBN : 0007157142
C. S. Lewis: Images of His World
Douglas R. Gilbert Clyde S. Kilby Wb Eerdmans / Eerdmans Pub Co
ISBN : 0802828000
残念ながら、この本をわたしは持っていないので、じっさいに活用できるものかどうかは分かりません。

その3.OxfordのB&Bを調べる
この旅行ではオックスフォードのB&Bに泊まりました。
『ロンリー・プラネット-英国』のオックスフォードの宿泊の項には、「ユースホステルの棚式ベッドで横になる計画ではないのなら、オックスフォードでの宿泊はやや高くつく。最低限のシングルで、トイレとシャワーが共同でも最低£30は要求される。5月から9月はすぐに満室になってしまうので、前もって予約をしておくか、観光案内所TICの列に並び、手数料£3で紹介してもらおう。」とあるので、非常にドキドキしながらB&Bに一軒一軒、電話をかけました。
* Oxford City Council: Visit Oxford
こちらのWhere to Stay→Accomodation searchそしてCentral(中心部)で調べてみました。
City CouncilのHPなので信頼はありますが、問題なのは、設備は書かれていても値段が載っていないことです。
そこでGoogleで「Oxford B&B」と入れて、検索して比較することになりました。
けっきょくロンリー・プラネットに載っている安いB&Bに泊まりました(「駅から近く、居心地がいい」ところです)。
ビジネスホテル並みとはいきませんが、家に泊めさせてもらっているようだと思えば、確かに居心地が良かったです。
朝ごはんも伝統的な、ボリューム満点のイングリッシュ・ブレックファーストです。

その4.バスに乗る-24 hour Freedom Card
Wolvercote CemetryとHeadingtonにあるトールキンが住んだ家へ行くときには、是非ともバスに乗りましょう!
Oxford Bus Company
このバス会社のLocal Busの2番あるいは2A番に乗ります。
チケットに、同じ路線のバスを乗れば、24時間有効のFreedom Cardというものがあります(最初に使った時間から翌日の同じ時間まで有効)。
これは運転手さんから買うことができます。
先ほどのリンク先をよくご覧になった方はお分かりかと思いますが、区間が中心街に近い順にAとBに分かれています。
Wolvercote CemetryやHeadingtonはいずれもB区間にあるので、B区間のものを買いましょう!
そうすれば、その日一日乗り放題です(確か3回目で元が取れたとおもいます)。

インクリングス・ツアーについてはコチラ・・・>
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 10:16 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) インクリングスの手書き文書*The writing of the 'Inklings'
インクリングス・メンバーの名前が見える書き残し。
b0012113_117562.jpg
反射を恐れて、ナナメにしか写せなかったのが悔やまれます。
ですが、よくよく見ると、これは一番上に乾杯の音頭か何かを書いた後、インクリングスのメンバーが名前と自分の役職を書き連ねたものだということがお分かりでしょう。
左上に薄く見えるのは、これを書いた日にちなのでしょうか。
上二行は、乾杯の音頭。一番最後に'...your helth!' と見えるので、多分。
それと同じ字でC.S.Lewis(モードリン・コレッジのフェロー・・・といったことが書いてあります)。
次がおそらくHugo Dyson(彼もどこかのコレッジのフェローと書いてあるようです。彼は英語学の講師でした)。
そしてDavid Cecil(彼はLord David Cecilと呼ばれる人だそうです→Wikipedia-English)。
さらに、W.H.Lewis(退役軍人で、C.S.ルイスの兄です)。
その下にはたくさん書いてありますが、Colin Hardieという人で、見える限りではトリニティ・コレッジやモードリン・コレッジ、ラテン文学などです。Wikipediaでも詳しい記述が見当たりませんでした。
その次は、『シルマリルの物語』などでお馴染みの丁寧な筆跡の持ち主、Christpher Rauel Tolkien(B.A.で、トリニティ・コレッジの学生と書かれています。他は不明)。
そしてR(obert) Emlyn Harvard(M.A.とB.A.という字が見えますが、他は分かりません)。
最後にJohn Ronald Rauel Tolkien(M.A.で、マートン・コレッジの英文学、アングロ-サクソン文学の教授といったことが書いてあります)。

インクリングズについて詳しくはWikipedia-日本語で。
全メンバーの名前が挙がっています。
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 02:18 | Oxford
2005年 03月 21日
5/18(TUE) The Bird & Babyの由来*The story about the Bird & Baby
The Baby発見。
これをみてDAK●RAを思い出すのは私だけでないはず・・・
b0012113_23453597.jpg
カウンターの後ろには鷲がいました。
「では子供はどこなんだろう?」と話しているアメリカ英語を話している中高年の御一行。
そこで、兎の部屋の横の通路を指して、「あそこにいますよ!」
「おぉ、ホントだ!」と、イカしたベイベーに大ウケのご様子。
この方々はフレンドリーで(やっぱりアメリカン?)、「このプレートはカメラにおさまるかな?」と聞いてきたり、メニューを見ながら「何が美味しかったか?」と質問してきたりしました。

黒板に書いてあることは・・・>
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-03-21 00:53 | Oxford