<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 26日
5/18(TUE)モードリン・コレッジ*Magdalen College
Longwall Streetをさらに南下し、High Streetに行き当たります。そこを左、つまり東へ。
見えてくるのは、こんな壮麗な建物です。

『ナルニア国ものがたり』の著者でありインクリングスのメンバーでもあったC. S. Lewisが英文学の教授をしていたモードリン・コレッジです。
* Wikipedia:C.S.ルイス

このブログでも何度か触れてきている映画『永遠の愛に生きて』で、ルイス教授役のアンソニー・ホプキンスがこの鐘塔(43m!)の上で叫ぶシーンがあります。
この塔は15世紀後半に建てられたもので、毎年5月1日のメーデーの6:00になると、塔の上から学生の聖歌隊が賛美歌を合唱するのだそうです。その後は無礼講が「公認」されているという伝統行事。
b0012113_21565312.jpg
ロンプラ『英国』に「間違ってもスペルどおりには読まないように。正しい読み方は“モードリン”」と書かれているので、心しておりました(笑)。
さて、このロンプラを出してきたのは、こんなことが書かれていたからです。
C.S.ルイスの「ナルニア国物語(The Chronicles of Narnia )」に出てくる石像は、この回廊の風変わりなガーゴイル(ゴシック建築で怪獣の頭などをかたどった屋根の雨水の落とし口)やその他の彫像からヒントを得たという。
ね? 絶対に回廊を観に行かなくっちゃ、って思いませんか?

● で、見ましたよ!・・・>
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-07-26 22:45 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) クルマがブンブン*Longwall Street
St Cross Roadを南下し、Hollywell Streetとの角を通り過ぎると、Longwall Streetという通りに出ます。
ここは、Magdalen Grooveというモードリン・コレッジの緑地を囲む長ーい壁があるからだそうです。
そこにWilliam R. Morris商会という車を販売していたお店の跡に展示があります。
b0012113_19543359.jpg
そこで思い出すのが、『ブリスさん』です。
ブリスさん
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien 田中 明子 / 評論社
黄色い車をめちゃくちゃに走らせるブリスさんのはっちゃかめっちゃかに楽しいお話。
「ナンセンス」の英文学につうじる、教授の楽しい側面が見えてきます。
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-07-26 20:00 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) マナー通り3番地*3 Manor Road
b0012113_22351491.jpg英語学部・図書館からすぐ、Monor Road3番地を目指します。
写真の家の白いドアには2、そして赤いドアには3とあります。
Address: 3 Manor Road (→Multimap)

1949年秋、『指輪物語』を脱稿したときの家が赤いドアのここです。
1945年にマートン・コレッジの英語英文学の教授に選ばれ、ノースムーア通り20番地から1947年に3月マートンの提供するこの家に移ってきました。残念ながら、大きくて維持費がかかりすぎたノースムーア通りの家からすると、こちらの新居は「耐えがたいほど窮屈」で、「醜い赤れんがの建物で、非常に手狭」「彼には適当な書斎がなく、“居間兼寝室”が屋根裏にあるだけ」だったそうです。
その後1950年、同じくマートン・コレッジの所有するホリウェル通りの家へと移っていきました。
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-07-26 19:56 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) 教授の胸像とインクリングス・メンバーのお墓参り。
b0012113_19234717.jpgSt. Cross Churchには、インクリングスのメンバー二人のお墓、そして『たのしい川べ』のケネス・グレーアムのお墓などがあります。
* St Cross Church
St Cross ChurchのHP。 地図や教会の歴史・内部の写真などがあります。また、News and Noticesに墓地の開いている時間が記されていますので、ご参考に。

もう一つ、教会のすぐ近くにある英語学部・図書館の中に、トールキン教授のブロンズの胸像があります(写真で左端に見えているのがその建物です)。
* English Faculty Library, University of Oxford
Address: English Faculty Library, University of Oxford
St Cross Building, Manor Road, Oxford, OX1 3UQ (→Mapion)

開館時間やお知らせなどがあります。
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-07-26 19:33 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) セント・クロス・ビル 英語学部・図書館*ST CROSS BUILDING English Library & Faculty
b0012113_17182834.jpgSt. Cross ChurchからMonor Roadを進みます。
これがセント・クロス・ビル、英語学部図書館の入っている近代的な建物です。
ここにトールキン教授のブロンズの胸像がある、と書いてあったので行ってみたのですが、残念なことに開館時間は終了していました。
こちらで開館時間を確認してください。↓
* English Faculty Library Homepage
また、LotR関連の音楽情報ならここ!の「しだ家の馬小屋」のぐらさんの指輪旅行記、2004年5月24日オックスフォードその3に、この辺りの旅行記と、胸像の写真があります!!
ぐらさん、ありがとうございました~♪

[PR]

by Chica_Chubb | 2005-07-26 18:49 | Oxford
2005年 07月 26日
5/19(WED) セント・クロス教会*St. Cross Church
Holywell通りを東へ直進し、北へ折れます。
St. Cross Streetに沿って歩き、次に右へ折れたところにあるのがManor Roadです。
その角に石造りの小さな教会がみえてきます。
てっぺんの青い日時計が目印のSt. Cross Churchです。
* St. Cross Church, Oxford
↑この教会のHPです。 地図、教会の歴史や内部の写真などが載っています。
b0012113_17331610.jpg
St. Cross Churchには、マートン・コレッジゆかりの墓地があります。
b0012113_17444478.jpg
インクリングス・ツアーのガイドさんに、ここにはインクリングスのメンバーが眠っているんだよ、他にも有名な人々のお墓があるんだ、と教えてもらいました。

● ここに眠る人々は・・・>
[PR]

by Chica_Chubb | 2005-07-26 18:30 | Oxford